東日本主教々区教区報 第100号発刊

 東日本主教々区が1970年に設置され、翌1971年12月19日付に初の仙台の主教セラフィム座下が着座した。東日本主教々区の教区報第1号はこの日付をもって発刊され、以後今日に至るまで42年間にわたり、時々の教区の活動の様子を伝えてきた。

 この度第100号の記念発刊を迎え、現在の仙台の大主教セラフィム座下から巻頭にご挨拶を頂き、また現宗務局長のマルコ小池神父、かつてのロマン大川神父からご寄稿いただき、お祝いとこれからも時代に即しながらより良い紙面作りがなされ、教区民に届けられるよう努める所存が表された。

​2020年までの教区ニュース

© 2013 by the Eastern diocese of the Orthodox Church in Japan