新刊本のご案内 

―天と地の間  天国への道標― (宣教ブックレット⑦)

 東日本主教教区より宣教ブックレット⑦を 刊行いたしましたので、御案内申し上げます。 『天と地の間』はアトス修道院の修道士テオ クリストス・ディオニシアトス師によって、正教修道の高い霊性が著された書。三十年前、ロ シア正教会の長司祭イオアン長屋房夫神父により翻訳、出版されていたものです。 信徒各位の精神性の糧として戴きたいとの 一念から宗務局より多少の訂正を加えていた だき再版することとなりました。

 正教会の修道性は決して特殊なのではなく、 ハリストスの戒めを守って歩む天への道すじ となり、人の持つ弱さや、過ちを正して力を加 え歩ませるものです。本書が福音を聞いている信徒の信仰生活を導くもの、霊 的な杖となって役立つよう、また、この書を読まれた方の心に落ちた一滴が水 面の輪のように広がり、正教信仰を同じくする信徒や隣人の方々を照らす一灯 となりますよう、願っています。

お申込みは電話、ファックス、メールにて承ります。

      頒布献金 一冊1300円 (送料別途)

 

[申し込み先] 東日本主教教区宗務局 (〒980-0021 仙台市青葉区中央3-4-20)

       TEL 022-225-2744           FAX 022-224-3080

       orthodox@hyper.ocn.ne.jp

著 者 修道士テオクリトス・ディオニシアトス

訳 者 長司祭 イオアン長屋房夫

簡易製本(ペーパーバック) A5版 全322頁

― 天のパン 聖体礼儀の意義を巡る23の説教 ― (宣教ブックレット⑥)

 教区の宣教ブックレット第6巻目として発刊された「天のパン」。サブタイトルにもあるように聖体礼儀の内容を解き明かす青少年向けの絵本です。

​ 親しみやすい表紙や挿絵が豊富にあり、書体も教科書体で読みやすいと好評です。このブックレットは無料配布です。まだお持ちでない方はそれぞれの教会にお尋ねください。

東日本主教教区宗務局ではこの度、宣教ブックレットとして十九世紀ロシアの三大師父の一人、聖イグナティ・ブリャンチャニノフの著作集の中から厳選したものを翻訳し一冊にした本を刊行しましたのでご案内申し上げます。

聖イグナティ・ブリャンチャニノフは敬神家、多数の書を著した作家、高徳の修道士、信仰生活の教師とされ1988年に成聖者として列聖されました。彼の著作集は「聖師父の教えの本質を深く掘り下げ、聖師父の精神を受け継いでおり、現代の信徒に読み易く、分かり易いもの」とロシア正教会の公会決議文に入っています。正教会では聖師父の書いた著作を救いに与る上で大切なものとして読まれてきました。難しいことを分かり易く、分かり易いことを深く書かれた本書は聖師父の言葉から聖書の理解へと進み、信徒の信仰生活における霊的な糧となるに違いありません。是非皆様もご一読下さい。

 

今回、東日本主教教区宗務局で特別頒布いたします。

お申込みは電話、ファックス、メールにて承ります。

      頒布献金 一冊1300円 (送料別途)

 

[申し込み先] 東日本主教教区宗務局 (〒980-0021 仙台市青葉区中央3-4-20)

       TEL 022-225-2744           FAX 022-224-3080

       orthodox@hyper.ocn.ne.jp

 訳  者  アレクセイ・ポタポフ

       マトフェイ  土田定克

簡易製本(ペーパーバック) A5版 全333頁

―聖イグナティ・ブリャンチャニノフ著作集― (宣教ブックレット⑤)

© 2013 by the Eastern diocese of the Orthodox Church in Japan