​2020年までの教区ニュース

セラフィム大主教ロシア正教会訪問

セラフィム大主教座下は1月31日~2月4日モスクワに滞在され、ロシア正教会主教会議とキリール総主教聖下着座5年記念式典に参加された。

今回の訪問では、日本正教会の懸案であったアンティミンスの日本語版の制作の為ソフリノ聖器物工場も訪問し、デザインの最終案を決めた。

また2月2日にはロシア正教会渉外局長イラリオン府主教座下の聖堂を訪れ聖体礼儀を行われた。また聖ニコライの不朽体を要請のあったユヴェナリイ府主教座下の管轄教会司祭イーゴリ神父に手渡された。

 

© 2013 by the Eastern diocese of the Orthodox Church in Japan