​2020年までの教区ニュース

東北ブロック宣教キャラバン

東北ブロック宣教キャラバン

 11月6日(木)、福島正教会イアコフ平塚昭男兄宅にて、セラフィム大主教様のご祝福を得て小池神父、児玉神父、田畑神父と地元信徒、白河信徒と宣教委員が集まって聖体礼儀が行われた。

 福島正教会は明治14年に福島聖神降臨会堂を建立したが、成聖式翌日の福島大火によって焼失した。以来聖体礼儀が行われたかどうかは定かではないが、久しく地元で痛悔領聖に預かる機会の無かった福島の信徒にとっては貴重な体験となった。