2016年東北ブロック信徒懇親会

​今年の東北ブロック信徒懇親会は10月16-17日の日程で盛正教会での聖体礼儀と気仙沼プラザホテルにおける懇親会を中心にした内容で開催された。2011年の震災後、津波被災地域で開催される最初の懇親会となった。

16日の聖体礼儀はセラフィム大主教座下を迎え管轄のマルコ小池神父、盛岡のダヴィド水口神父、石巻のルカ田畑神父が陪祷して行われた。パニヒダでは11名の東北大震災被災永眠者が記憶された。午後は南リアス線のレトロ車両で楽しみ、夕刻には会場の気仙沼プラザホテルへ。懇親会では今年もまた60名を超える方々が集まり、盛大に懇親を深めた。

​2020年までの教区ニュース

© 2013 by the Eastern diocese of the Orthodox Church in Japan