2017東日本大震災被災永眠者の記憶

​ 3月11日㈯、大斎スボタの死者の聖体礼儀で仙台正教会の全永眠者と東日本大震災の被災永眠者を記憶するパニヒダが、また翌12日㈰の主日聖体礼儀終了後には再度被災永眠者のパニヒダが行われた。仙台では現在も毎主日に震災で亡くなった方々が記憶されている。

​2020年までの教区ニュース

© 2013 by the Eastern diocese of the Orthodox Church in Japan