top of page

2020年までの教区ニュース

その他の写真

北海道ブロック第1回宣教会議

2020.9.26-27

9月26日㈯、27日㈰の両日にわたり小樽正教会において今年度の第1回目となる北海道ブロック宣教会議が開催されました。

前回の神父のみの会議の報告があり、宿泊交通費の補助要請を教区会議に提出し承認されたこと、旅費規程を改訂したことなどが説明されました。続いて各教会の活動報告と今年度予定されている活動の検討が行われました。11月末の函館での聖歌研修会は見送りとなり、代わって予定されていた日程で宣教会議を開催して、今後の聖歌研修会の在り方とリモートによる会議や研修の開催の可能性を探ることを主たる議題にして討議することとしました。その他、様々なテーマについて意見交換し、宣教委員会の在り方を含め今後の活動についての話し合いが進められました。

Text.

日本正教会聖自治50周年記念式典

2020.9.13

 9月13日㈰、「聖ニコライ列聖・聖自治50周年及びロシア正教会日本伝道団創立150周年記念式典」が東京復活大聖堂にて開催されました。

本来はキリイル総主教聖下のご来臨を賜り、盛大に日本正教会の聖自治50周年を祝う予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、残念ながら参加人数を大聖堂の信徒に制限した小規模な形で行うこととなりました。

 当日は午前10時から記念聖体礼儀が行われ、続いて聖ニコライのモレーベンがセラフィム大主教座下のご司祷で献じられました。記念式典ではダニイル府主教座下が聖自治50周年の祝辞を述べられ、続いて総主教聖下からの祝辞を駐日ポドヴォリエのニコライ・カツュバン神父様が代読し、記念に聖ニコライのイコンが贈呈されました。また駐日ロシア大使の祝辞が代読されました。日本正教会からは総主教聖下に記念品の西陣織の反物を贈呈しました。その後谷中の主教墓地にてセラフィム大主教座下のご司祷で聖ニコライのモレーベンを献じ、各主教に永遠の記憶が行われました。

教区「宗務局会議」

2020.8.18

8月18日㈫、仙台正教会で東日本主教々区宗務局会議が開催されました。

今回の会議のテーマは教団からのコロナ禍による献金収入減に対する特別交付金の分配案についてでした。教区会議で宗務局に一任されたこの案件を、諸状況を鑑みながら十分に検討し、分配額を決めました。 

Text.

2020年全国公会

2020.7.11-12

​7月11日(土)、12日(日)の両日にわたり、ニコライ堂において通常全国公会が開催されました。全国の代議員は多数の方々が欠席委任となり、主に神品代議員と役員および一部の代表の方が出席されました。

Text.

東日本主教々区「教区会議」の開催

2020.6.27-28

6月27日㈯、28日㈰に仙台正教会において教区宗務局理事会と教区会議が開催されました。

コロナ禍により多くの理事、代議員は欠席委任がほとんどとなる異例の会議となりましたが、主日奉事には久しぶりに参祷する仙台の信徒が多く集まり、聖体礼儀後には主教着座20年を迎えられたセラフィム大主教座下に神品よりジェーズル(権杖)が贈られました。

Text.

2020主の復活大祭

2020.4.19

2020年4月19日㈰、管轄司祭在住教会では復活大祭の奉事が行われた。新型コロナウイルスの影響で異例尽くしの形となったが、参祷が叶わなかった信徒も主の復活をそれぞれに噛みしめて迎えたのではないだろうか。

​セラフィム大主教座下は4月11日から19日まで東京に滞在され、東京復活大聖堂に於いて聖枝祭、受難週祈祷、復活大祭を司祷された。

Text.

キリル聖下総主教着座11周年記念式典

2020/02/01

 セラフィム大主教座下は、1月29 日から2月4日にかけてキリル総主教 聖下着座11周年記念式典出席のため に訪露された。2月1日㈯、モスクワ の救世主大聖堂で300名近い主教品 により記念聖体礼儀が執り行われ た。2月2日㈰はモスクワ市オルディ ンカ大路にある『全ての悲しむ者の 喜び』生神女聖像記念大聖堂におい て渉外局長イラリオン府主教座下、 キエフ神学アカデミア及びセミナリ アの学長シルベストル主教座下と共 に聖体礼儀を行われた。祈祷後には 「2020年という年は日本正教会の聖 自治の祝福を受けてから50年、ロシ ア正教会の日本宣教団の発足から 150年という記念すべき年である」 と挨拶なさった

Text.

ローマ教皇訪日行事への参加

2019/11/24-25

 日本正教会は、ローマ教皇来日に際しカトリック中央協議会から招待状を受け、教団を代表して仙台の大主教及び東京の副主教セラフィム座下が、11月24日㈰に広島の「平和のための集い」へ、また11月25日㈪には東京ドームでの教皇ミサに出席された。

Text.

2019年度北海道ブロック宣教会議

2019/11/9-10

 11月9日㈯、10日㈰の両日、苫小牧正教会を会場にして北海道ブロック教会学校教師会と宣教会議が開催された。教師会は札幌正教会から、宣教会議では各教会から活動と実情が報告された。また会議での討議は多岐にわたり、キャンプや研修会の改善についてや宣教全般の取り組みや教団への要望等も話し合われた。

Text.

2019年度東北ブロック信徒懇親会

2019/10/27

 10月27日㈰、東北ブロック信徒懇親会が仙台正教会の担当で秋保温泉「ホテルニュー水戸屋」を会場にして開催された。記念撮影、開会祈祷、開会あいさつ、大主教座下のお言葉に続いてアキラ笹川執事長の乾杯で祝宴が始まった。

 新しく盛岡に赴任したピーメン松島神父夫妻の紹介と各教会近況報告が行われ、また仙台教会の多彩な企画でマジック、歌、楽器演奏もあり楽しい宴となった。参加者は43名と少なかったが充実した内容の懇親会に参加者の笑顔がこぼれていた。

Text.

2019年度東北ブロック聖歌研修会

2019/10/26-27

 10月26日㈯、27日㈰にかけて標記研修会が仙台正教会を会場にして行われた。今年のテーマは聖体礼儀の最重要部分である「アナフォラ(捧げる、奉るの意)」。ルカ田畑神父の講義があり、実技はエカテリナ児玉マトシカが担当。また三グループに分かれての練習や、誦経者コースも行われて充実した学びが出来た。

 

Text.

東北ブロック宣教会議

2019/0919

 今年度最初のブロック宣教会議が9月19日㈭に一関正教会で開かれた。今回は夏の教会学校修養会の報告と反省、聖歌研修会と信徒懇親会、宣教キャラバンの内容が討議された。教会マップの更新や、リーフレットや冊子などについても話し合われた。

Text.

中新田ハリストス正教会新聖堂成聖式

2019/09/15

 9月15日㈰、中新田ハリストス正教会「前駆授洗イオアン聖堂」の成聖式がセラフィム大主教座下のご司祷のもと東北ブロックの全神品が陪祷して執り行われた。東北各教会及び函館、横浜の信徒及び工事関係者、地元信徒など総勢150名を超える参祷者が集まり盛大な成聖式となった。

 宝座、聖堂内外が成聖され、引き続き行われた聖体礼儀では多くの参祷者が領聖に与った。祈祷後、聖堂の竣工に際して功績のあった関係者が大主教座下より表彰され、管轄司祭には聖堂成聖のお祝いが手渡された。その後、祝賀会が開催され、お祝いの食事をしながら歓談し、一世一代の大事業を成し遂げた喜びを分かち合った。

旧石巻正教会会堂の再建

2019/07/30

 2011年3月の東日本大震災の津波被害を受け、一時解体保存されていた石巻正教会旧会堂は、震災復興特別交付税や教団、市民をはじめとする全国からの寄付金を充て、総工費一億一千万円をかけて復元された。8月2日からの一般公開を前に、7月30日に現地で記念式典が行われ、セラフィム大主教座下も参加されてテープカットに臨まれた。

 1880(明治13)年に建立された旧会堂は正教会の貴重な会堂としてばかりではなく現存する日本最古の木造教会でもある。これからまた多くの人々が訪れるであろう。

Text.

2019年教区会議の開催

2019.6.23

 2019(令和元)年度の東日本主教々区「教区会議」は札幌正教会を会場に開催された。6月22日㈮午後一時から信徒会館において教区理事会が開かれ、教団、教区の諸活動についてと財務関係の報告が行われ了承された。

 翌23日㈰は衆聖人の主日聖体礼儀が行われ、続けて昨年震災で亡くなられたイオシフ・ダリヤ中川ご夫妻と6月に急逝された函館正教会管轄の長司祭ニコライ・ドミートリエフ神父様の為にリティヤを献じ、永遠の安息を祈った。

 聖体礼儀後に行われた教区会議では教団と教区の活動と決算・予算及び次年度計画が討議され、全て了承された。また教団・教区に対して管轄司祭の健康管理を充実徹底することについて提言があった。